尼崎でキックボクシングするならBMC!スポーツ研究家 吉沢陸のブログ

尼崎市武庫之荘にある格闘技ジム「ボクシング&スポーツジムBMC」のブログです。

キックボクシング

2021-07-22 11:00 AM

category|キックボクシング,空手

大人vsジュニアメンバー 組手(マススパーリング)

動画は7月の2週目の土曜日の全てのレッスン終了後のBMCのスタジオです。
今までは黒帯の彼だけがこの時間まで残って練習し、大人と組手をしていましたが、最近はこの時間まで残って練習するメンバーが増えてきました。
嬉しいですね。
ミット蹴りやサンドバッグ打ちは重要な練習ですが、組手をしなければいくらやっても強くなることはありません。
ミットやサンドバッグは攻撃を打たせてくれる、当てさせてくれるもので反撃もしてきませんから。
動きをマスターするには、ミットやサンンドバッグ練習を繰り返し行うことは必須ですが、それだけで満足しているメンバーが多いと思います。
この日の一週前にある男子生徒に「先生は今手が空いてるけど組手しないか?レッスン中は先生としようとしかなったやろ?」と声をかけたところ、その生徒の返事は「やりません」という即答でした。
「だめだこりゃ」
と思わず言ってしまいました。
男の子はどうしてこうも弱いのでしょう。
私や他の大人会員さんたちと組手をする仲間を見て何を感じているのでしょう。
何も感じていない気がします。
女の子達が私に組手してくださいと声を掛けている姿を見て何を思っているのでしょう。
それすら見ていない、気づいていないと思います。
女の子と組手をしても毎週ボコボコにされているにも関わらず、いつまでも強くなろうと思わない生徒が多すぎます。
(口では強くなりたい、悔しいと言っていますが、それは嘘です。本気で思っているなら変わります。思っているけど出来ないとうのは言い訳です。やらないだけです。もし本当に出来ないのであれば、スポーツに限らず競技するものは一切しない方が良いです。)
どうしてこんな子どもが増えたのか分かりませんが、原因を探しても嘆いても仕方ありません。
言い続けるしかありません。
BMCに関わる子ども達には確実に強くなってもらいたいです。
吉沢陸

 

ボクシング&スポーツジムBMCのジュニア空手の体験予約はこちら
ボクシング&スポーツジムBMCのジュニアキックボクシングの体験予約はこちら
ボクシング&スポーツジムBMCのボクシングの体験予約はこちら
ボクシング&スポーツジムBMCのキックボクシンングの体験予約はこちら

2021-07-21 1:05 PM

category|キックボクシング,空手

組手大会のない今こそレベルアップの時

コロナが始まり、ジュニア空手の組手大会を開催することが出来ていませんが、組手大会のない今こそレベルアップの時です。
「試合がないのでモチベーションが上がらない」
という類のことを言って退会していった生徒も何人かいますが、何かがないとモチベーションが上がらないというのは心も体も本当に弱く、武道から何も学んでいなかった証拠です。
何故、帯を上げることや組手で勝つことが出来ない相手を倒したいというところにモチベーションがないのかも疑問です。
ちなみにご褒美でつってやる気を引き出すことは非常に危険です。
達成した結果こそが最大のご褒美になるにも関わらず、何かがもらえるなら努力してもいいという歪んだ感情を育むことになります。
私は23歳で両目網膜剥離になりそれ以来打撃系格闘技の試合をしていません。
(正確には引退した後に(26歳の頃だったような…)イベント内でボクシングの試合をしたことはありますが、これはあくまでもイベントでしたので私の中では公式なものではありませんでした。プロレスの試合は今でもしています)
しかし、47歳になった今でもやる気がなくなることはありません。
そもそもモチベーションという言葉が出る時点で、誰かに、何かにやる気を引き出してもらわないといけない人だということが分かります。
人や何かに作ってもらったやる気など嘘です。
長続きはしません。
私は、やる気スイッチを人に入れてもらうことなど出来ないと思っています。
自分の理想の姿、状態があれば、大会がなくても自然にやる気が湧いてきます。
辞める理由ややる気が出ない理由を何かや誰かのせいにしている人は、何かを成就させたり成功することは出来ません。
年齢など関係ありません。
自分のやる気問題くらい自分で解決しないと。
世の中にやる気のない人はいません。
いるのは、
“やる気の出し方が分からない人”
だけです。
自分より強い相手と練習し、組手(マススパーリング)していれば、やる気が下がることはありません。
自分より強い相手としないから、自分が弱いことに気づかず認めず、やる気が出ないんです。
強くなる方法、やる気を出す方法は、
“自分の理想の姿をいつでも想い描くこと”

“自分より強い相手と練習する、自分より強い相手と実戦練習をする”
以外にありません。
そんなの怖い?痛い?もしそう思うなら強くなる夢なんて持つものではありません。
プロでも怖くない人なんていませんから。
組手大会が出来ない今こそ、レベルアップの時です。
大会が開催された時に、前に負けた相手に勝ちましょう。
大会が再開された時に見ている皆をその成長ぶりで驚かせましょう。
吉沢陸

黒帯になったところで自分より強い相手はBMCだけでもたくさんいます。常に強い相手を求めないと。
 

ボクシング&スポーツジムBMCのジュニア空手の体験予約はこちら

2021-07-20 9:44 AM

category|キックボクシング

強くなるから楽しい、出来ないことが出来るようになるから楽しい

動画は、今月のBMCのジュニアキックボクシングのレッスンです。
“楽しさ”
には人それぞれの感じ方があると思います。
「面白い、笑える」
というのが楽しい人もいれば、
「簡単に達成感を味わうことが出来る」
ということが楽しいという人もいれば、
「難しいことにチャレンジしている」
「憧れている自分の姿に近づいていってる」
ということに楽しさを感じる人もいると思います。
BMCには、
『やりきったという達成感が楽しい』
と感じる人に向いているジムです。
何事も楽しいと感じないのは、変化を感じないからだと思います。
BMCには、
『強くなるから楽しい、出来ないことが出来るようになるから楽しい』
と思えるお子様、大人の皆さんにお集まりいただきたいです。
ジュニアのフル会員の中にはジュニアキックボクシングが一番楽しいという生徒が多いです。
それは、向上心が他の人より、より強いメンバーが多いからではないかと思っています。
ジュニアキックボクシングメンバーをもっと増やしていきたいです。
吉沢陸

 

 

 

ボクシング&スポーツジムBMCのジュニアキックボクシングの体験予約はこちら