尼崎でキックボクシングするならBMC!スポーツ研究家 吉沢陸のブログ

尼崎市武庫之荘にある格闘技ジム「ボクシング&スポーツジムBMC」のブログです。

コーチング

2021-05-09 10:30 AM

category|コーチング

ちょっとしたコーチングテクニック4

BMCでご提供するサービスの中にコーチングがあります。
対面式やオンラインでコーチングを行っていますが、言葉自体は知られるようになったもののその内容をご存知ない方も多いと思いますので、こちらのブログでご自宅や職場で使えるちょっとしたコーチングテクニックをご紹介ししています。 
 
部下やお子様に”自分で考える力を身に付けてもらいたい”とお考えの方は、騙されたと思って一度お試しください。
 
本日は、
 
『オープンクエスチョン』
 
です。

オープンクエスチョンとは、はい・いいえで答えることを質問するのではなく、
  
“対象者にしかない自由な答えを引き出す質問”

 
です。

はい・いいえで答えることが出来る質問は答えることが非常に簡単で自分で考える力を育むことや反省を促すことは出来ません。

どちらが正解かを考えて自分の意志とは異なった答えを答える場合も多々あります。

はい・いいえで答えることが簡単でない人もいますので、その場合はまた別の手法が必要となります。

これはまたの機会にお伝えします。

オープンクエスチョンは、お子様や部下の現状を把握したり、今どう考えているかを引き出すときに有効です。

また、アイデアを出す発想力、物事を深く考える思考力を育むことにも有効です。

具体的な質問は以下のような例があります。
 

・出来なかった理由はなんだと思う?

・やらなかった理由は何だと思う?

・問題の原因は何だと思う?

・何故問題が起きたと思う?

・今すぐに出来ることは何だと思う?

・今から何を変えていく必要があると思う?

・結果を変えるためには今までと違うどんな行動が起こせたらいいと思う?

・今日からすぐに実践できる事って何だろう?

・今日(今回)の経験(失敗、成功)から学んだことは何?

・今日(今回)の経験から得たものは何?

・今日(今回)の経験から失ったものは何?

 
コミュニケーション能力、語彙力の低い人が増えている昨今、「どう思う?」「どうしたらいいと思う?」という質問には答えることが出来ない人が非常に増えています。

質問は漠然とした聞き方ではなく、具体的かつ細かい内容を伝えるようにしてみてください。

また、質問の答えが「頑張れば」「とりあえずやります」「努力します」「改善します」というように具体的でない場合は、根気よく具体的な答えが出るまで質問を簡単にしつつ繰り返す必要があります。

考えることが苦手な人や考えることを拒否する人、叱られていると思っている人は、無意識に

 
『この答えを言っておけば、この場から逃れることができる』

『この答えを言っておけば、この相手の話は終わる』

 
ことを知っています。

悪気はありません。

普段から、必要以上の思考力を使っていないために自分で考える力が育まれていないだけです。

警察の尋問のように追い詰めることは避ける必要がありますが、ある程度の答えが出ないことにはコーチングの意味はありません。

対象者のキャパシティをよく把握して、上手に質問してみてください。

この人を育てると決めているのであれば、指導する側の根気が最も重要です。

次回に続きます。

吉沢陸

2021-05-05 9:19 AM

category|コーチング

アッパーリミットの存在を知る

少し前からちょっとしたコーチングテクニックをご紹介していますが、本日はコーチングそのものの技術ではなく、自分自身を成長させたい時、人を指導やアドバイスをする際に知っておいて損はない“アッパーリミット”についてお伝えしたいと思います。

人は変わることを最も嫌う生き物と言われます。

ある日突然、家が変わったり、家族が変わったりと環境や状況が変わると人は強いストレスを感じます。

アッパーリミットとは、“幸せ恐怖症”と呼ばれることもあります。

私達人間には、不幸や苦しみに耐えられるのには上限があると言われています。

その逆に幸せ耐えられなくなる上限というものも存在します。

幸せに耐えることが出来る上限値がアッパーリミットです。

本当は今より良くなることを自ら拒否してしまう症状です。

ドラマなどで「幸せ過ぎて怖い」なんて言葉を聞いたことがありますよね。

幸せだけでなく、今以上に良い状況になると感じた瞬間に恐怖を感じる。

これは自分自身では気づいておらず、無意識に感じてしまっていることの方が多いのでやっかいものです。

皆さんの周りに、こんな人はいませんか?

・上達してきた頃に急にやる気をなくす

・よい成績になってきたころに急に興味がなくなる

・仲良くなってきた頃に自分自身で相手に嫌われるようなことをしてしまう

・褒められることが増えてくると失敗をして元の状況に戻る

・もっと楽になりたいと言っているのに効率の悪いことばかりを選ぶ

・お金が欲しいと言っているのにより稼げる方法を考えず現状維持を保つ

・あと少しでもっとよいポジションになれることができる状態になると自分から逃げる

顕在意識では、もっと良くなりたい、口でももっと良い状況を目指していると言っていても、潜在意識の中では重荷やプレッシャーとなり、「これ以上は無理」と決めて頭で思っていることとは逆のことをしてしまいます。

日頃から、以下のような考え方や口癖のある方は、アッパーリミットがある可能性が高いです。

「自分には無理」

「これ以上の幸せは私には相応しくない」

「自分にはそんな資格はない」

「しょせん」

「ありえない」

「そんなに簡単じゃない」

「そんなにもらえない」

「そんなにしてもらう訳にはいかない」

いかがでしょうか。

それでは、アッパーリミットをなくすためにはどうすれば良いか?

アッパーリミットは自分自身で作り出したものです。

自分自身でなくすことも可能です。

具体的な方法としては、

・悪口や文句を言う回数を減らす

・批判的なことを言う回数を減らす

・我慢していることを減らす

・言い訳をしない

・人のせいにするのをやめる

・感謝の言葉を増やす

・感謝する対象を増やす

・自分が楽しいと思うことをする時間を増やす

・人のために使っている時間を減らす

・やろうと思ってしなかったことを始める

・始めたものの中途半端に終わらせたことを再開させる

・使っていないものを処分する

・運動する(運動をしている最中に後ろ向きになることはあっても継続させてネガティブ思考になることはありません)

・前向きになることができる言葉、映像、音楽に触れる

・深呼吸をする(呼吸が浅くて前向きになることはありません)

もちろん全てを一気にすることはありません。

少しずつ改善させてください。

もう少しなのに目標達成することが出来ないという人は、自分自身にアッパーリミットがないかご確認ください。

次回に続きます。

吉沢陸

2021-04-28 8:27 AM

category|コーチング

ちょっとしたコーチングテクニック3

BMCでご提供するサービスの中にコーチングがあります。
対面式やオンラインでコーチングを行っていますが、言葉自体は知られるようになったもののその内容をご存知ない方も多いと思いますので、こちらのブログでちょっとしたコーチングテクニックをご紹介してまいります。 
前回も”自分で考える力を身に付ける”ちょっとしたテクニックをご紹介しましたが、今回もテーマは同じで、自分で考える力を身に付けるテクニックをご紹介します。
部下やお子様に”自分で考える力を身に付けてもらいたい”とお考えの方は、騙されたと思って一度お試しください。
本日は、

『それが本当にベスト(最良)なのかを考える』

です。

ある日のジュニアクラスでのことです。3年通っている生徒がウォーミングアップの筋トレをやり方が間違っていたので、正しいやり方を伝え、忘れないためにノートに書くように指導しました。

ノートを手に取ったものの一向に何も書こうとしないので、「どうした?」と聞くと「筋トレの名前を忘れました」との返答。

「度忘れは誰にでもある。でも、3年間来る度にしている筋トレの名前を忘れるのはあかんやろ。思い出してごらん。忘れかかった時や忘れていることを思い出した時に強く記憶に残るから」と伝えたところ10分経っても20分経っても思い出せないのかノートに何も書こうとしなかったので「“あいうえおかきくけこ”と頭文字を言っていけば思い出すんじゃない?」と提案したところ固まりボーっとしていたので、「答えを教えてもらった方がいいか?自分で思い出した方がいいか?」と聞くと「教えてもらった方がいいです」と答えました。

「自分で思い出します」と言ってもらいたかったですが、その言葉は出てきませんでしたので私は「思い出した方が記憶に残ると言っているのだから、思い出す方を選びなさいよ」と言い思い出してもらうことを促しましたが、その生徒は結局40分経っても思い出すことは出来ませんでした。

(思い出すだけで時間を使いレッスン中は何も出来ませんでしたのでサンドバッグで自主練をするように伝えたところ自主練はして帰りました)

今の学校でこのやり方をするとアウトです。(ですから先生は直ぐに答えを教えるか、答えられなくてもスルーしてくれるので多くの人が幼少期に考える時間が奪われてしまっているのではないかと考えています)私も答えを伝えた方が良かったのか?と考えさせられましたが、日頃からその生徒は「本当にこの方法がベストなのか?」「これのベストな方法は何なのか?」「これのベストな状態はどういったものなのか?」ということを考える習慣がないのではと思いました。

前回の自分で100点満点中何点か?ということを聞くことに似ていますが、コーチングのテクニックに中に日頃から

「本当にこの方法がベストなのか?」

「他に選択肢がないか?」

という質問をする手法があります。

とにかく自分で考えて答えを出せるようになることが非常に重要です。

「本当にこの方法がベストなのか?」

「他に選択肢がないか?」

その答えが

「ベストじゃありません」

「分かりません」

という返答しか出ないのであれば、(多くの人がこの答えで止まります)

「今出来ることは何?」

と質問を変えてみてください。

そして、それでも答えが出ない、分からないという場合は、

さらに質問を変えて

「今出来ること3つ言ってみて」

それも言えないのであれば、

「今出来ることを1つ言ってみて」

と聞いてみてください。

「今出来ることは何?」

と聞くよりも3つあげてもらう方がより深く考えを促すことが出きますが、3つ答えることが出来ない人には、1つでもいいので自ら答えを出すようにしてみてください。

私たちは、考える時間を奪い、答えを教えすぎている節があります。

質問を変えても何一つ答えが出ないこともあります。

コーチングは、1回で出来るものではありません。
質問をしても全く答えが出ない日が続くことも当たり前のようにあります。
長い目で見て、習慣づけることが大切です。

答えが出るようになってきた時に、物事を俯瞰的に客観的に見ることが出来るようになり、多角的に分析し判断する力が生まれます。
何がきっかけになるか分かりませんので是非いろいろとお試しください。
次回に続きます。
吉沢陸