尼崎でキックボクシングするならBMC!スポーツ研究家 吉沢陸のブログ

尼崎市武庫之荘にある格闘技ジム「ボクシング&スポーツジムBMC」のブログです。

フィリピン武術 カリ アーニス シラット

2021-07-26 7:41 AM

category|フィリピン武術,フィリピン武術 カリ アーニス シラット

分かりにくいものは日本では流行らない、でも…

先日のブログの投稿にフィリピン武術のカリは世界ではかなり広まっているが、日本ではまだまだ無名であることを書きました。
私は18歳の頃からフィリピン武術のカリを学んでいますが、その頃から何故日本で流行らないのか?どうすれば日本でも普及するのか?を考えていますが、その答えは「こうではないかな」と思いつくものの長年苦戦し続けています。
日本で流行るものは単純明快で見ている人が分かりやすいというものです。
そして、今の時代は、誰でも簡単に出来る、ということです。
既にこの2つがもう違っているので、なかなか流行らないのも分かります。
総合格闘技がいくらテレビ放送しても見る人もやる人も増えないのは、見ている側が何をしているのかが分かりにくいルールであるということだと思います。
相撲やボクシングはルールを知らなくても分かりますし、野球、サッカー、バレーボール、卓球、テニス、ゴルフ、とメジャースポーツは誰もが直ぐにルールを理解することができ、楽しく見ることが出来ます。
武術にないのはこの部分だと思います。
でも、武術にはルールがありませんので、これが非常に難しいところです。
カリの基本動作は非常にシンプルで簡単ですが、見ていてカッコイイ、やってみたいというものではないので、SNSやYOUTUBEなどの動画には殺陣やアクション、演武的な動画をアップして、やってみたいと思っていただきたいなと思っています。
でも、これも難しそう、自分には無理と思われてしまう可能性もありますよね。
武術の良いところ、楽しいところを語れば永遠に話すことが出来ますが、1回見学や体験に来たいただいた際や動画を見た時にその素晴らしさを伝えることは非常に難しいと感じています。
とにかく技術が凄い、楽しいので一人でもたくさんの方に体験していただきたいです。
吉沢陸

 

 

ボクシング&スポーツジムBMCのフィリピン武術の体験予約はこちら

2021-07-24 5:16 PM

category|フィリピン武術,フィリピン武術 カリ アーニス シラット

詠春拳を取り入れた護身術

動画は今週の水曜日のBMCのフィリピン武術のレッスンです。
詠春拳の基本練習を行った後に詠春拳の技術を取り入れた護身術の練習を行いました。
詠春拳はブルース・リーが初めて学んだ武術として知られていますが、日本ではほとんど無名に近いと思います。
海外で流行るものは日本でも流行ることが多いですが、武道・格闘技・武術は海外では競技人口が多いものでも日本では全く流行ることがないものの方が多いことが残念でなりません。
詠春拳だけでなく、もっと武道・格闘技・武術を始める人が増えますように。
吉沢陸

 

ボクシング&スポーツジムBMCのフィリピン武術の体験予約はこちら

2021-07-15 8:59 AM

category|フィリピン武術,フィリピン武術 カリ アーニス シラット

見ていても、やられていても、何をしているか、何をされているか分からない

私の古武術の師匠の口癖は、
「見ている人も何をしているか分からない。やられている側も何をされているか分からないというのが本当の技術」
でした。
こちらは、先日のBMCのフィリピン武術のレッスンですが、何をしているか分かりませんよね。
もし分かった人は、この武術をすれば達人になれます。
一つ一つにかなり高等な技術が使われていますし、フィリピン武術 カリの技術だけでなく、中国拳法の詠春拳の技術も入っています。
アクションや殺陣といったものは、見ている側が見やすく何をしているかハッキリと分かるように大袈裟にしています。
素人が見て一目で何をしているかが分かるようでは本物の技術とは言えません。
ボクシングやキックボクシング、空手のジャブ一つとってもそうです。
10回見たくらいで細かい技術は分かりません。
ちらっと見ただけで理解できるものなどありません。
ましてやお手本を見ないで出来るはずがありません。
何事も上達させたいのであれば、先ずは見るプロになること。
そして、見たものをミリ単位以下で分析しようとすること。
見たことを真似をするプロになることです。
BMCの古武術、フィリピン武術をすれば、見る力と分析力は、キックボクシングにだけ参加するよりも数段磨かれます。
吉沢陸

 

ボクシング&スポーツジムBMCのフィリピン武術の体験予約はこちら