尼崎でキックボクシングするならBMC!スポーツ研究家 吉沢陸のブログ

尼崎市武庫之荘にある格闘技ジム「ボクシング&スポーツジムBMC」のブログです。

子ども体操教室

2020-06-28 9:52 AM

category|キックボクシング,子ども体操教室,空手

サソリのポーズの参考にご覧ください

動画は、ジュニア空手、ジュニアキックボクシング、子ども体操教室で行っている、
“サソリのポーズ”
です。
元々は、ヨガのポーズなのですが、
腕や肩、体幹部の強化とバランストレーニングになるので、レッスンに取り入れています。
とはいえ、これが出来る生徒は、ごく少数です。
何年も在籍しいていてこれが出来ないのは、運動能力ではなく、
「出来るようになりたい」
という気持ちがあるか、ないかです。
BMCジュニアメンバーには、
「出来ないことを出来ないままで平気」
という人になってもらいたくありません。
じぶんの体を思い通りに動かすことが出来れば、
空手を卒業した後に、何か別の運動にチャレンジした時にも、
「無理」
「限界」
という言葉を口にすることなく、
自分を信じて努力を続けることが出来るはずです。
BMCジュニアメンバーには、
『自分は何だって出来る』
という気持ちを自ら育ててもらいたいです。
周りの大人にいくら、
「あなたは大丈夫」
「あなたは出来るよ」
と言われても、本当の意味での自己肯定感を育むことは出来ません。
自ら考え、自ら行動し、出来るようにならないといけませんね。
吉沢陸

ボクシング&スポーツジムBMCのジュニアクラスの体験予約はこちら

2020-06-20 6:22 PM

category|キックボクシング,合気道,子ども体操教室,空手

三点倒立 説明とコツ

ひとつ前の投稿に引き続き、BMCのほとんどのジュニアクラスで行っている、
三点倒立の説明とコツの動画です。
スポーツの楽しみ、喜びは、
“勝負や試合に勝ったとき”
“記録が伸びたとき”
“上手にできたとき”
そして、
“できなかったことができるようになったとき”
です。
出来ないことを悔しいと思わない子どもが増えています。
口では悔しいと言うものの努力できない子どもが増えています。
出来ないことは出来ないままで良いのであれば、お稽古事をする意味があるのでしょうか。
BMC、志道会ジュニアメンバーには、
『今すぐやる、出来るまでやる』
力を身に付けてもらいたいです。
出来なかったことを出来る喜びを感じてもらいたいです。
吉沢陸

2020-06-20 6:14 PM

category|キックボクシング,合気道,子ども体操教室,空手

カエルの逆立ち 説明とコツ

現代の子どもたちの運動能力は、著しく低下しています。
私は、28年間子どもたちへの運動指導をしてきましたが、
ここ5~6年は本当に深刻な状況と言えます。
気になる方は、ネットで
「こどもの運動能力の低下」
と検索してみてください。
私が勝手に言っているだけでないことが、お分かりいただけることと思います。
BMCのほとんどのレッスンで、行っている、
“カエルの逆立ち”
の説明とコツを動画でご紹介しています。
10年前の子どもたちは、このような動画など見せなくても、週に1回の練習で3歳の子どもでも、
早い子で3か月、遅くても6ヶ月で20秒、出来るようになっていました。
それが今では、小学生でもいつまで経っても出来ない生徒が非常に多くなりました。
運動能力の問題だけではなく、集中力、傾聴力の問題もあるかと思います。
親や周りの大人達から、
「自信を持って!」
と言われたところで、子どもたちが自信を持つことや自己肯定感を高くすることは出来ません。
自信を持つ方法は、たった一つ、
『出来なかったことを出来るようになること』
です。
ジュニア空手で言うと、カエルの逆立ちを20秒、出来なければ青帯になることは出来ません。
お子様がジュニアクラスにご参加の保護者の皆様には、
お子様たちが出来るかどうかの確認に加え、ご家庭でもご指導のご協力をお願い申し上げます。
吉沢陸