尼崎でキックボクシングするならBMC!スポーツ研究家 吉沢陸のブログ

尼崎市武庫之荘にある格闘技ジム「ボクシング&スポーツジムBMC」のブログです。

子ども体操教室

2022-06-17 8:27 AM

category|子ども体操教室

やっぱり運動神経を養うには体操教室、特にマット運動です

動画は今週のBMCの子ども体操教室です。
動画の彼女はレッスン30分前に来て、「練習したいので教えてください」と言ってきてくれました。
素晴らしい向上心ですね。
撮影するのを忘れていましたが、彼女は今、側宙も練習しています。
様々な種類の運動がありますが、子どもも大人も運動神経を養うのに最も効果的なのは、
やはりマット運動だと思います。
これは、私が30年間運動指導してきた紛れもない事実です。
BMCでは、先ず体操教室で運動の基礎(体の使い方)を学び、何かスポーツを始める時に活かしていただきたいと考えています。
ジュニア合気道、ジュニア空手のメンバーは、ビックリするほど簡単なことが出来ないメンバーが非常に多いです。
先ず、自分の体を思い通りに動かす練習をありとあらゆる角度で行い、その後にスポーツに転向する方が、上達が早くなることは間違いありません。
他のジュニアクラスに参加するメンバーにも体操教室にも来てもらいたいです。
吉沢陸

 

ボクシング&スポーツジムBMCの子ども体操教室への体験予約はこちら
ボクシング&スポーツジムBMCの全てのレッスンはパーソナルトレーニングとして個別指導可能です

2022-05-30 9:00 AM

category|子ども体操教室

子ども体操教室でもバトルロープ

動画は先週の水曜日のBMCの子ども体操教室のレッスン前の様子です。
彼女は毎週、誰よりも早くジムに来て自主練をします。
やりなさいと言われなくてもしますし、「ちょっと休憩した方がよくない?」と言うまで練習をやめようとはしません。
年長でこの向上心は本当に素晴らしいですね。
彼女は入会して1年も経っていないのに、既にバク転の練習もしています。
BMCのジュニアクラスは、合気道、空手、キックボクシングと全ての生徒達にレッスン前には、
斜め懸垂、チューブ引き、バトルロープの3種類のトレーニングを必ずするように伝えていますが、
4年生、6年生でも毎週そのことを忘れる生徒がいます。
その都度、ノートに書いてもらい覚えてもらうようにしようとしましたが、それでも覚えられない生徒がいます。
やりたくて仕方ないと思う子ども、忘れないできちんと出来る子ども、何度言っても覚えることが出来ない子ども、
これは一体何の違いがあるのでしょうね。
皆にできるようになってもらいたいです。


ボクシング&スポーツジムBMCの子ども体操教室への体験予約はこちら
ボクシング&スポーツジムBMCの全てのレッスンはパーソナルトレーニングとして個別指導可能です

2022-05-15 12:38 PM

category|子ども体操教室

跳び箱の効果

動画は先週の水曜日のBMCの子ども体操教室のレッスンです。
マット運動、鉄棒とお子様の運動能力を開発する運動は実に様々ですが、跳び箱には、跳び箱の良さ、跳び箱でしか養うことが出来ない能力もあります。
それは、
『手足の連動とタイミング』
です。
助走から踏み切りの歩数や跳ぶタイミング、踏み切る足と跳び箱に手をつくタイミング、手を使って自身の体を移動させる感覚、
これらは、跳び箱がもっとも効果的なトレーニングと言えます。
瞬発力を養うだけであれば、ジャンプしたり、10メートル走などでも可能ですが、手足の連動とそのタイミングを養うためには、跳び箱は重要です。
“跳べた→跳べない”
と結果も明瞭なので、出来なければ競争心、向上心に火がつきますし、跳べた時には達成感が自信へと繋がります。
他のBMCのジュニクラスに参加するメンバーにも是非ともフル会員になって、子ども体操教室にも参加してもらいたいです。
吉沢陸


ボクシング&スポーツジムBMCの子ども体操教室への体験予約はこちら
ボクシング&スポーツジムBMCの全てのレッスンはパーソナルトレーニングとして個別指導可能です