尼崎でキックボクシングするならBMC!スポーツ研究家 吉沢陸のブログ

尼崎市武庫之荘にある格闘技ジム「ボクシング&スポーツジムBMC」のブログです。

2019-05-07 8:58 AM

category|合気道,日記,空手

BMCに大人の合気道、空手のレッスンがない理由

BMCには、子ども向けジュニアクラスとして、合気道、空手もあります。
しかし、大人のクラスには、合気道も空手もありません。
それは何故か?
と言いますと、私たちの武道、格闘技、実戦という点からの考え方が反映されています。
合気道では、相手のの攻撃を関節技や投げ技で自分の身を守ります。
しかし、倒れた相手に攻撃をしたり、顔面に攻撃をすることはありません。
空手は、突き、蹴りといった打撃メインになりますが、こちらもやはり、倒れた相手への攻撃も顔面へのパンチは禁止とされています。
成長過程にある子ども時代に脳にダメージのある顔面攻撃はしない方が良いと思っています。
何よりも子供時代は、スポーツの基本となる体の使い方と考え方を覚えていただくことが大事だと考えています。
合気道、空手どちらも極めれば、それだけで十分に強く、身を守ることが出来ます。
でも、合気道しか学んでいない人がタックルされたり、顔面パンチやローキックを打ってこられた際に対処できる人は少ないです。
空手しか学んでいない人が、顔面パンチされたり、投げ技、寝技をされた際に対処できる人は少ないです。
大人の方には、自分の身を守るため、大切な人を守るために、より実戦的な技術を学んでいただきたいと考えています。
そうなると、あらゆる武器術を学ぶ古武術や棒やナイフを用いるフィリピン武術の方がより実戦的と言えます。
顔面パンチは、ボクシング、キックボクシングで学び、寝技は総合格闘技で学ぶ。
その方が、より実戦的と言えます。
合気道より古武術が優れているという訳ではありません。
私が何人束になってかかっていっても一瞬で倒されるような合気道の達人も存在します。
私の師匠は空手しかしていませんが、恐らく私が全力で戦いを挑んでも今でも、私があっさりと負けてしまうと思います。
どの格闘技が、優れているという考えは、私たちは持っていません。
全ての武道、格闘技が好きで、全てをリスペクトしています。
BMCの大人クラスに合気道、空手がないのは、子供のに武道、格闘技のベースを学び、大人の方にはより現実的で実戦的な角度から技術を身につけていただきたいという考えからです。
ジュニアクラスは精神の修養を第一とし、大人の方にはせっかく格闘技するならご自分とご家族を守れる強さを身につけていただきたいと思っています。
吉沢陸

ボクシング&スポーツジムBMCの体験予約はこちら