尼崎でキックボクシングするならBMC!スポーツ研究家 吉沢陸のブログ

尼崎市武庫之荘にある格闘技ジム「ボクシング&スポーツジムBMC」のブログです。

合気道

2019-05-14 1:20 PM

category|合気道,空手

武庫町 小学生空手 志道会 名前の由来

BMCのジュニア空手は、フルコンタクト空手=直接打撃の実戦空手です。
毎週火曜日19時~20時、土曜9時30分~10時30分のクラスがあります。
ジュニアクラスの武道は空手、合気道ともに
『志道会』
という名前で行っており、道着の胸にも志道会の名前が刺しゅうされています。
志道会という名前は、BMCのジムを設立する前から使用している名前です。
武道のジャンルを問わずに、同じ考えを持つ武道家とは、協力していき交流することによりお互いを高めていきたいと思い、
よく空手道場の名前である「〇〇館」「〇〇会館」という名前ではなく、“会”という文字を使いました。
今後も、何か武道のクラスをBMCで開講することになれば、それも志道会という名前で同じコンセプトのもとレッスンを進めていきます。
私は夢、志という言葉が好きです。
空手は、武道は、自分の身を守る技術を学ぶ、礼儀を学ぶものでもありますが、私たちは武道は、
『夢を叶える力を養う道』
であると考えています。
空手は突きや蹴りで相手を攻撃するスポーツです。
しかし、自分の身や大切な人を守るために使わなければ暴力にもなりうる可能性もあります。
では、武道は何のためにするものなのか?
私は指導者になってからかなり長い間、この疑問の答えを見つけることが出来ませんでした。
しかし、今は自信を持ってお伝えすることが出来ます。
武道は、夢を叶える力を養うために行うものです。
夢を叶えることが出来る人は少ないです。
努力せずに平々凡々と過ごしていても、夢を叶えることは出来ません。
しんどい、きつい、痛い…このような経験を乗り越えてこそ、問題解決能力が身につきます。
子ども時代にダラダラと過ごし、いざやりたいことが見つかってっも頑張った経験がなければ、頑張り方が分からず結果が出ないまま諦めてしまう。
という流れになる可能性もあります。
武道で鍛えた
“胆力”=物事を恐れたり気おくれしたりしない気力や度胸、があれば夢を叶えるための行動を取ることが出来ます。
長くなりましたが、私が志道会という名前を付けたのは、こういう理由からです。
この志道会の武道を始める子どもたちが増えますように。
吉沢陸

58E43345-3D27-460B-8308-665CCD2F50D3

F58D0460-69E2-46EC-BBBB-4CCE18108C67

0387917E-32E6-4535-9D9F-191F280B0698

ボクシング&スポーツジムBMCのジュニア空手の体験予約はこちら

ボクシング&スポーツジムBMCのジュニア合気道の体験予約はこちら

2019-05-07 8:58 AM

category|合気道,日記,空手

BMCに大人の合気道、空手のレッスンがない理由

BMCには、子ども向けジュニアクラスとして、合気道、空手もあります。
しかし、大人のクラスには、合気道も空手もありません。
それは何故か?
と言いますと、私たちの武道、格闘技、実戦という点からの考え方が反映されています。
合気道では、相手のの攻撃を関節技や投げ技で自分の身を守ります。
しかし、倒れた相手に攻撃をしたり、顔面に攻撃をすることはありません。
空手は、突き、蹴りといった打撃メインになりますが、こちらもやはり、倒れた相手への攻撃も顔面へのパンチは禁止とされています。
成長過程にある子ども時代に脳にダメージのある顔面攻撃はしない方が良いと思っています。
何よりも子供時代は、スポーツの基本となる体の使い方と考え方を覚えていただくことが大事だと考えています。
合気道、空手どちらも極めれば、それだけで十分に強く、身を守ることが出来ます。
でも、合気道しか学んでいない人がタックルされたり、顔面パンチやローキックを打ってこられた際に対処できる人は少ないです。
空手しか学んでいない人が、顔面パンチされたり、投げ技、寝技をされた際に対処できる人は少ないです。
大人の方には、自分の身を守るため、大切な人を守るために、より実戦的な技術を学んでいただきたいと考えています。
そうなると、あらゆる武器術を学ぶ古武術や棒やナイフを用いるフィリピン武術の方がより実戦的と言えます。
顔面パンチは、ボクシング、キックボクシングで学び、寝技は総合格闘技で学ぶ。
その方が、より実戦的と言えます。
合気道より古武術が優れているという訳ではありません。
私が何人束になってかかっていっても一瞬で倒されるような合気道の達人も存在します。
私の師匠は空手しかしていませんが、恐らく私が全力で戦いを挑んでも今でも、私があっさりと負けてしまうと思います。
どの格闘技が、優れているという考えは、私たちは持っていません。
全ての武道、格闘技が好きで、全てをリスペクトしています。
BMCの大人クラスに合気道、空手がないのは、子供のに武道、格闘技のベースを学び、大人の方にはより現実的で実戦的な角度から技術を身につけていただきたいという考えからです。
ジュニアクラスは精神の修養を第一とし、大人の方にはせっかく格闘技するならご自分とご家族を守れる強さを身につけていただきたいと思っています。
吉沢陸

ボクシング&スポーツジムBMCの体験予約はこちら

2019-04-28 1:07 PM

category|合気道

志道会ジュニア合気道では、武器を持った相手の対処法も練習します。

合気道はスポーツ化されておらず、試合はありません。
ですからBMCのジュニア合気道のレッスンでも、試合に勝つための練習ではなく、日常に起きる可能性のある危険な状態から回避するため、様々な角度から練習を行っています。
棒やナイフ等の武器を持った相手を想定した練習も、そういった練習の一つです。
危険な目に合いそうになった際には、大声で助けを求め、逃げることが得策ですが、逃げることが出来ない場合もあるかもしれません。
そんな時、護身術を知っているだけで、大ごとにならないで済むこともあります。
もっとたくさんの子どもたちに護身術を学んでいただきたいです。
吉沢陸

39631802-59FC-4F60-8C5C-9E986F127ADB

ボクシング&スポーツジムBMCのジュニア合気道の体験予約はこちら